Recent news

とうとう明日、池袋西武で開催している「金魚ノ歌」出版記念展が最終日です。午後4時終了ですので、ご注意ください。 そしてこの度、作品集の2刷りが決定いたしました。皆様にご好評いただき心から感謝申し上げます。 深堀隆介

@RiusukeFukahori | 2016-06-28 05:35:06

EN

Goldfish Salvation

金魚救い

EN

ある日、「ああ、もう美術なんてやめてしまおう。」と思った。自室で寝転がった時、ベッドの横にあった小さな 水槽が目にとまった。そこには七年前夏祭りですくってきた金魚が一匹いた。名前はキンピンメス

たいして可愛がりもせず、粗末に扱ってきたため、水も汚れてフンまみれ、しかし彼女は生き続け、 二〇cm以上になってい た。僕は、水槽の蓋を開け、彼女を上から見て みた。そのとき、僕の背筋がゾクゾクっとした。 汚れた水の中で、赤く光る彼 女の背中は、怪しく、そして最高に美しかった。「この子がきっと僕を救ってくれる」 そう信じて、赤い絵の具を取り出し、彼女をモデルに筆を走らせた。楽しい!楽しい!楽しい! そしてあっという間に金魚の大群が生まれた。

僕の探していた答えが、ヨーロッパでもなく、アメリカでもなくまさに、この部屋にあった。 僕は、この日の出来事を「金魚救い」と呼んで大切にしている。

Goldfish Salvation

One day I said to myself, “Alas, I should quit doing art altogether.” At the time 5 years had passed since I graduated from an art university. Though I worked hard to achieve my dream of becoming an artist, I was confronted with anxiety about the future and the gap between the ideal and reality. As a result, I lost confidence and suffered from profound despair.

I was exhausted from the mental distress and lay down on my bed. And then, by chance, I noticed a small fish tank beside the bed. In the fish tank was a Wakin Goldfish, which I brought back from a Kingyo Sukui (Goldfish Scooping) stall at a summer festival seven years ago. Its name was Kim-pin, female. I didn’t take a good care of her and the water was unclean with the fish droppings. However, she was thriving in the tank and I hadn’t even noticed that she had grown to a length of 20 cm. I lifted the lid of the tank and looked at her from above. At the moment, I felt a thrill shiver up my spine. In the dirty water, her shiny red back was mysterious and extremely beautiful. “I’m sure she will save me,” I told myself. I took out some red paint and painted a picture of her figure. Fun! Fun! It’s so much fun! A moment later, there was a large shoal of goldfish in front of me. This was it! This was the answer that I had been looking for, and I didn’t find it in Europe or America, but I found it in my very own room.

Back then, I didn’t know why I was so attracted to goldfish but I felt as if I had found a ray of light in the darkness of my mind. I call that day’s event “Kingyo Sukui (Goldfish Salvation)” and I value the memory.

樹脂作品

EN

方舟 二〇〇九

W六〇〇×H三八〇×D二九〇mm :使い古された机、超難黄変エポキシ樹脂、アクリル絵具

Resins

The Ark (2009)

W600×H380×D290mm :Antique desk, epoxy clear resin, acrylic paint

電球ちゃん2 二〇一四

W一四五×H一〇〇×D四〇mm :型どりしたセメント、超難黄変エポキシ樹脂、アクリル絵具

Resins

Denkyu-chan2 (2014)

W145×H100×D40mm :Cement, epoxy clear resin, acrylic paint

輪音 二〇一一

Ø二七五×H八五mm :寿司桶、超難黄変エポキシ樹脂、アクリル絵具

Resins

Rinne (2011)

Ø275×H85mm :Sushi bowl, epoxy clear resin, acrylic paint

絵画作品

EN

大国主 二〇一二

H五四〇×H四二〇×D一二〇mm :額、石粉粘土、真鍮箔、キャンバス、超難黄変エポキシ樹脂、アクリル絵の具

Paintings

Ookuninushi (2012)

H540×W420×D120mm :Picture frame, stone clay, canvas, brass foil, epoxy clear resin, acrylic paint

黒姫 二〇〇九

W八八〇×D八八〇mm :和紙、アクリル絵具

Paintings

Kurohime (2009)

880×880mm, Japanese paper, acrylic paint

まぼろし 二〇一三

一九四〇×九七〇mm :キャンバス、アクリル絵具、アルキド絵具、雲母

Paintings

Maboroshi (2013)

1940×970mm, Canvas, acrylic, alkyd

インスタレーション

EN

水雫しずく二〇一〇

サンシャイン水族館とコラボレーション展 二〇一三 

Installations

Shizuku (2010)

Collaboration Exhibition Sunshine Aquarium (2013)

水底みなそこの花展 二〇一二

福島県 常円寺じょうえんじ

Installations

Flower under the water exhibition (2012)

Jyoen-ji, Fukushima

天樫緋魚 二〇〇九

五〇〇〇mm :枝打ちされた樫の木、竹、紙、アクリル絵具、顔料、銀箔、針金、コーヒー染め等

Installations

Amakashi no hinona (2009)

5000mm / Oak, bamboo, paper, acrylic paint, pigments, silver foil, wire, coffee dyeing

深堀 隆介

愛知県生まれ。愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻学科卒業。 退職後、制作活動を始める。スランプ時に、七年間粗末に飼っていた金魚に初めて魅了される。 これを作家は"金魚救い"と呼ぶ。器の中に樹脂を流し込み、その上に直接金魚を描くというオリジナルの 技法をあみ出し、作品を発表する。その後、金魚を通してジャンルにとらわれない多彩な表現を試みている。

経歴

二〇〇五  個展 東京国際フォーラム アート ショップ エキジビションスペース /東京 個展 松坂屋本店 Mキュービック /愛知 "謎なぞ美術展"島根県浜田市世界こども美術館 / 島根

二〇〇六  個展 ギャラリーIDF /愛知~10年個展

二〇〇七 T C A F /東京

二〇〇八 SHANGHAI ART FAIR 2008 /上海

二〇〇九  個展 Galerie an der Pinakothek der Moderne /ドイツ・ミュンヘン

二〇一〇  個展 東京国際フォーラム アート ショップ エキジビションスペース /東京 Art KARLSRUHE 2010/ドイツ・カールスルーエ

二〇一一  個展 ICNギャラリー/イギリス・ロンドン 現代工芸アートフェア/東京 The solo project Art Fair/スイス・バーゼル

二〇一二  個展 国立新美術館ミュージアムショップ SFTギャラリー/東京 個展 ハーバーシティギャラリー/香港

二〇一三  個展 調布市文化会館たづくり1階展示室/東京 金魚絵師 深堀隆介×サンシャイン水族館 アートと生き物の金魚展/東京 個展 ジョシュア・ライナーギャラリー ニューヨーク'13年

二〇一四  夏休み!生き物図鑑展 群馬県立館林美術館/群馬 個展 大分アートプラザ/大分 個展 ICNギャラリー/イギリス・ロンドン

展覧会

二〇〇五  ラフォーレ原宿 和太鼓とのコラボライブペイント 名古屋ノリタケの森 ライブペイント 渋谷ロフト 渋谷川 単独イベント販売09年

二〇〇六  西麻布 YELLOW 和太鼓とのコラボライブパフォーマンス 原宿アストロホール 和太鼓とのコラボライブパフォーマンス

二〇〇八  浅草木馬亭 金魚亭 浪曲とのコラボイベント公演 島根県浜田市世界こども美術館 夏祭り ライブペイント 本行寺 夏の陰陽 笛・パーカッションとのコラボライブペイント

二〇一〇  神奈川県立保土ヶ谷公園キャンドルナイト 金魚と炎のコラボライブパフォーマンス

イベント

二〇〇〇  富士銀行・みずほ銀行ストリートギャラリー採用

二〇〇一  京都嵯峨芸術大学アートコンペ

二〇〇三  特別賞ターナー・アクリル・アウォード

二〇〇六  今井祝雄賞第9回岡本太郎現代芸術大賞展入選

二〇一三  10 Cutting-Edge Artists of the 21st Century 受賞/USA

賞歴

Riusuke Fukahori

  • 1973Jan.13 Born in Aichi, JAPAN
  • 1995B.F.A in Media Design, Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music

AWARD

  • 201310 Cutting-Edge Artists of the 21st Century Award/USA
  • 2012Accepted, Perspective Awards 2012 40under40 ART/Hongkong
  • 2006Accepted, 9th the Taro Okamoto Award for Contemporary Art
  • 2003Imai prized, Turner Acryl Award 2003
  • 2001Special prized, Kyoto Saga University of Arts Art Competition 2001
  • 1995Osamu Kataoka Prized, Aichi Prefectural University of Arts graduation work

EXHIBITION

  • 2014Joshua Liner Gallery, New York
  • Art Plaza Oita, Oita, Japan
  • ICN gallery, London, UK
  • 2012Joshua Liner Gallery, New York
  • Art and live goldfish exhibition, Tokyo, Japan
  • The National Art Center, Tokyo, Japan
  • Harbour City gallery, Hong Kong
  • 2011ICN gallery, London, UK
  • SEIBU- SHIBUYA, Tokyo, Japan
  • 2009Galerie an der Pinakothek der Moderne, Munich, Germany
  • 2006Gallery IDF, Nagoya, Japan (also 2007, 2008, 2009, 2010)
  • 2005M cubic Matsuzakaya, Nagoya, Japan
  • Hamada Children’s Museum of Art, Shimane, Japan
  • Tokyo International Forum Art Shop exhibition space, Tokyo, Japan (also 2010)

ART FAIR

  • 2011Art fair Contemporary Kogei Art Fair, Tokyo
  • The SOLO project, Switzerland
  • 2010ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR, Grand Hyatt, Hong Kong
  • Art KARLSRUHE 2010, Germany
  • 2008SHANGHAI ART FAIR 2008, China
  • ART TAIPEI 2008, Taipei World Trade Center, Taiwan
  • 2007Tokyo Contemporary Art Fair 2007, Tobi art forum,Tokyo(also

お問い合わせ

展示や作品に関するお問い合わせは、左記のフォームをご利用ください。

状況によりご回答にお時間をいただく場合がございます。 内容によりご回答しかねる場合がございます。 また、現在オーダーはお受けしておりません。 何卒、ご理解・ご承知おきのほどお願い申し上げます。

For inquiries about exhibition and works, please use the form below.

*Depending on the artist’s situation or the question itself, it might take a little time to respond. More over at the moment he doesn’t accept any personal artwork. Thank you very much for your understanding.

僕が見た福島

原発事故から日本はもう一度自分たちの未来について考え直すことを余儀なくされました。 福島の人たちはそのことを最もよく知っている方々だと思います。 福島の現状と向き合う事は、世界の進むべきより良い未来へのヒントになるのだと思います。 これは遠い日本だけの話ではありません。 福島のような事故は、世界中どこにでもあり得ると実感しています。

Fukushima I saw

We have been forced to reconsider our future since the Fukushima disaster occurred. People who live in Fukushima know this most of all. I strongly believe that by looking at Fukushima and the people in Fukushima, it gives us a clue for the future. This is not only a story in far east Japan. I have a fear that the Fukushima disaster could be happening anywhere in the world.

#1103.05.2015

Fukushima trip - Minami Soma city

福島GW旅行記 - 南相馬市

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

I took the National highway 6 to get to Minami Soma city. I drove pass the restricted area Naraha town and Tomioka town.

I arrived at the the rape blossom maze that is organised by the “Hama restoration team”, including Mr Ueno. The maze was crowded with many people.

It has become bigger than last year and everything you see is completely covered in yellow. The maze is also more difficult than before. Children have a good intuition, and they reached gold without any difficulty. However, adults tend to stray into dead ends frequently. It was very nice that when you bumped into strangers, we communicated to each other saying, “It’s a blind alley here” etc etc, to work as a team.

It was impressive that, in Mr Ueno’s previous house, there were many carp streamers.

いわきから国道6号線で南相馬市へ。途中、規制区域の楢葉町、富岡町を走る。(ここの話は後日ブログで)

午後、上野さんたち復興浜団さんが開催している菜の花迷路に到着。 沢山のお客さんでにぎわっていました。

今年は去年よりもさらに拡大し、一面まっ黄っ黄! 迷路も難しくなっていました。

大人より、子どもたちの方が勘がいいみたいで、迷わずゴールへ行くのですが、大人は変に勘ぐって袋小路に迷い込む事が多かったです。(途中で知らない人に鉢合わせしても、ここでは「こっち行き止まりっすよ」など言い合って連携プレイが起こるから不思議)

上野さんの旧家にたくさんの鯉のぼりが掛かっていたのが印象的でした。

#1002.05.2015

Fukushima trip - Iwaki city

福島GW旅行記 - いわき市

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

First, the Aquamarina Fukushima in Iwaki city. This is very modern aquarium. It’s famous for a coelacanth but, I would like you to know, also there is a goldfish. A very big goldfish, it’s bigger than my Tosanishiki.

I had the opportunity to meet a member of staff who contacted me 2 years ago.

When the earthquake disaster happened, 4 years ago, the control system in the basement was destroyed. It took them 4 months to fix it and reopen the aquarium.

You can’t miss the huge sardine tank in the aquarium. It’s very beautiful especially in the afternoon with reflections of the sunlight coming through the tank. I recommend it.

まずは、いわき市のアクアマリンふくしまへ。ここは近代的な水族館で、シーラカンスが有名ですが、金魚がいることもしってほしい所です。金魚でっかいし、うちの土佐錦より立派(^^;)

2年ほど前、僕にご連絡をくれたスタッフの方にようやくお会いする事ができました。

4年前の震災の時は、地下の管理システムが壊滅状態になったそうで、それでもスタッフの方々総出で復旧させ、なんと4ヶ月後に再オープンさせたそうです

ここのイワシの大水槽は必見です。午後行くと太陽光がいい感じに入って、キラキラしてておすすめです。

#901.05.2015

Fukushima trip

福島GW旅行記

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

I have decided to go to Fukushima as a family holiday during Golden Week!! This time I will go there like a normal holiday (this will be the first time that I go to Fukushima as a private holiday).

Celebrating the opening of Jyoban-Do Highway, I will go along the Jyoban-Do.

2nd May Iwaki city - 3rd May Minami Soma / Soma - 4th May Fukushima city, 2 nights trip.

However, I suddenly realised that I could not find anywhere to stay as it was all fully booked (as you would expect)... Luckily I have managed to find a farmer’s guest house that is registered in a reconstruction support centre. Phew~

I’m looking forward to see a goldfish in Iwaki aquarium and a rape blossom maze in Mr Ueno’s place. Then popping by another exhibition in Ibaraki on my return.

今年のGWの家族旅行は福島観光に決定!!普通に福島を観光しに行こうと思います。(プライベートは実は初めて)

常磐道開通を祝って、常磐道沿いを行こうと思います。

5月2日いわき市〜3日南相馬・相馬〜4日福島市の2泊3日。

でも急遽決めたので、宿が全然ない…どこも満室(当たり前か…)。しかし、農家民宿という回帰支援センターがやっている登録農家さんになんとか泊まれることになりました(ホッ…)

いわきのアクアマリンの金魚や南相馬の上野さん所の菜の花迷路など堪能して、帰りに茨城の水戸で開催中の山口晃展にでも行こうと思っています。

もちろん、いわき市ー南相馬市間の現状も見ておきたいからです。

#820.04.2015

4 years since that day

あの日から4年が経って

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

I cannot believe that it already has been 4 years since the earthquake hit Tohoku. I remember that day as if it was like yesterday.You may think the situation has recovered from the natural disaster to some extent as it’s been 4 years, but it wasn’t a usual natural disaster. Not only the Tsunami attacked, but also the radioactive contamination from the Fukushima Daiichi meltdown. Because of that there are a number of cities which became like ghost towns.

2 years ago, I entered the restricted access area which is within 20km from the nuclear plant. The radiation dose was still very high. It had been a restricted area for a long time, the town was untouched, like still just after the disaster. Wrecked cars, tilted houses, I could see fallen furniture and scattered tableware from the broken windows. The sight is burned deeply in my heart. I remember the town was absolutely silent.

I was taking photos of the devastation for a while but then I decided not to. Whether I should share the photos of the situation via the Internet or whether I should consider the feelings of the residents who own those houses, I couldn’t find the answer myself. Naturally I took my pen and notebook from my bag and drew some sketches. I wanted to picture the situation in my head by drawing it. That was my answer as I’m a painter.

東日本を襲った大地震からもう4年が経ったとはまだ信じられない。あの日の事を今でも昨日のように覚えている。
普通の災害であれば4年も経てば、ある程度回復できていると皆さんは思われるかもしれないが、この震災は違う。津波によって沿岸部の町がほぼ壊滅状態になった事に加え、福島第1原発のメルトダウン事故によって引き起こされた放射能汚染の問題がある。そのため忽然と人々が消えたような町がいくつもあるのだ。

私は2年前に当時立ち入り制限区域だった原発から20km圏内のある町に入らせて頂いたことがあった。放射線量はまだまだ高い地域だ。ずっと立ち入り禁止だった事もあり、町は震災直後の状況のままだった。ぐちゃぐちゃになった車、傾いた家、その家の割れた窓から見える倒れた家具や食器などが散乱する室内の様子など、そこで見た光景は私の心に深く焼き付いた。そして僕が一番印象に残ったのは、町が静かすぎるほど無音だったことだった。

僕は惨状を記録しようと写真を撮っていたが、しばらくして写真を撮る事をやめてしまった。この惨状をネットで世界に伝えるべきなのか、それとも破壊された自分の家をネットに晒される住人の気持ちを配慮すべきなのか、自分でも答えが見つからなくなっていたからだ。
しばらくして、無意識にバッグからペンとノートを出してスケッチを始めていた。絵を描く事で必死にその惨状を脳に焼き付ようとした。それが絵描きとしての答えだと思ったからだ

#711.03.2015

Never forget

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

Remember FUKUSHIMA.
Remember MIYAGI.
Remember IWATE.
Remember AOMORI.
Remember IBARAKI.
Remember TOCHIGI.
Remember TOHOKU & NORTH KANTO.
Remember THE NUCLEAR ACCIDENT.
I WILL NEVER FORGET 3.11

#605.05.2014

Firefighting team–Mr Takayuki Ueno

消防団員ー上野敬幸(うえのたかゆき)さん

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

"Still I was lucky. I could give Erika a cuddle. There were 10 days before her cremation after we found her body. I could see her face and I could give her a kiss which I know would have been rejected if she was alive. Sadly my pregnant wife (at that time) was not able to see her face as she could not leave a refugee camp. She could not take part in Erika’s cremation. My wife must have had such a hard time because she could not even pick up Erika’s bones (In Japan, the family packs the bones themselves after the cremation)."

"We have kept Erika’s and my mother’s bones in the temple near us. I know it’s only bones but while I’m holding them like this… Yes, I could feel that I’m holding her. Inside me. When I close my eyes, I’m holding her. I wish I could give Kotaro a cuddle, even now. Whatever condition he has, I need to hold him and I’ve got to say that I’m very sorry.”

*Mr Takayuki Ueno is in the local firefighting team in Minami-Soma city which is 22km away from the Fukushima Daiichi nuclear plant. Just after the earthquake in 11.3.2011, Mr Ueno went back to his home and confirmed his parents’ and his oldest son Kotaro’s (4 years-old) safety. Then Mr Ueno decided to take part in the rescue operation, and left his home. Meanwhile he found that his wife was fine at her work, but his daughter Erika (8 years-old) was still missing. Around 40 minutes after the earthquake, the tsunami took his home. He came back and pushed a pile of debris aside and looked for his family desperately but the repeated aftershocks made his task even harder. In the end he couldn’t find anyone. The day after, on the 12th, the 1st nuclear plant exploded and on the 14th, so did the 3rd plant. The region needed to be evacuated as his home area was close to the plant. Mr Ueno stayed in the area with his firefighting team and continued to search. 2 days later, they found Erika’s body.

The comment above was from Mr Ueno when he shared his experience to the press. Mr Ueno has established “Hama restoration team” and still is searching now. The picture above, rapeseed flower maze, is a part of their restoration activity.

「それでも僕は幸せだったんです。(行方不明だった)永吏可を抱きしめることができたので。見つかって、火葬してもらうまで10日近くあって、僕は顔を見に行くことができて、生きていれば嫌がられるチュウだってすることができた。でも妊娠していた嫁さんは避難先から戻れなかったから、永吏可の顔を見ることもできなかった。火葬にも立ち会っていない。骨も拾ってあげられなくて本当に辛かっただろうなって。」

「永吏可とお袋の骨は近くのお寺さんにあってね、骨だとわかってるんだけど、こうやって抱きしめてると、うん、抱きしめてる、永吏可を。俺の中で。目をつむれば永吏可を抱きしめている。だから幸太郎も早く(見つけて)抱きしめてあげたいなぁって、今でも。どういう状態であっても、抱きしめて謝りたいと思う。ごめんねって言ってあげないと」。

※福島第一原発から22km地点の南相馬市で消防団員をしている上野敬幸(うえのたかゆき)さん。 2011年3月11日の震災直後、上野さんは自宅でご両親と長男の幸太郎くん(当時4歳)の無事を確認し、消防団員として救助活動に向かいました。仕事に出ていた奥さんの無事を確認、しかし長女の永吏可ちゃん(当時8歳)の消息はわかりませんでした。そして地震発生から約40分後、津波がご家族のいる家屋を襲いました。自宅に再び戻ってきた上野さんは、瓦礫を踏み分けて必死にご家族を探しましたが、度重なる余震で捜索は難航しました。そんな中、翌12日原発1号機が爆発、14日原発3号機も爆発しました。原発から近いため、街の住民は避難を余儀なくされましたが、上野さんたち消防団員の人たちは残って捜索を続けました。そして、永吏可ちゃんの遺体を見つけだします。

その時の様子を取材陣に語った上野さんの言葉です。現在上野さんは、「復興浜団」という団体を立ち上げて、今も捜索活動を続けています。写真は復興浜団によって作られた菜の花迷路です。

#522.03.2014

I do not want you to forget

忘れてほしくない

Ichiro Yaegashi, Fukushima

Ichiro Yaegashi / 八重樫伊知郎

My first impression of Fukushima when I arrived there 4 months after the earthquake was a lack of people but the ones there were wearing masks. I remember the fear when there were a large number of aftershocks which were over five in seismic intensity. Two years after the earthquake, I had a chance to meet and interview an artist Riusuke Fukahori who I was always a fan of. I researched and reconsidered the facts about “nuclear damage” for a month because I wanted Fukahori to tell the truth of Fukushima. Because I came from outside Fukushima I wilfully decided that everywhere was polluted by radiation. However I realised that there was a bigger problem than radiation.

It’s a connection between people.

We can’t forget about Fukushima … Everybody thought about it for a year. After two, three years, the number of media was reduced, no one cared about the people who live there. In fact, I felt a chill go down my spine the moment I looked at the untouched weathered away town. 

I interviewed almost 200 Fukushima people for the last two years, and everybody said “I don’t want people to forget”. I believe we can’t let the Fukushima incident fade.

震災から4か月ほどの福島に降り立った時の感想は、人の少なさとマスクの人の多さでした。その後、たび重なる早朝の震度5を超える余震で恐怖を覚えた日々を思い出します。震災から2年後、かねてからファンだった美術家、深堀隆介さんと知り合うことが出来、取材の協力を得ました。深堀さんになんとか福島の真の姿を伝えたく、1か月ほど『原発被害』というものを自分自身の目でもう一度見つめなおしました。

外から来た私は福島を、『どこもかしこも放射能に汚染されている』と勝手に思い込んでいましたが、取材を進める中、放射能被害よりもっと大きな問題を抱えているということを感じました。

それは『人と人とのつながり』というものでした。

フクシマを忘れてはいけない・・。という想いは震災後、一年間は誰しも感じていました。しかし2年、3年と経るうちに、マスコミの取材も減り、被災地に住んでいる人の事を誰も気にしなくなってきているという現状を感じました。事実、手つかずのまま風化し続ける町を見た瞬間、背筋が凍ったのを今でも忘れません。

フクシマで丸2年、インタビューを合わせれば200人近くにのぼる福島県民の方々に、お話をさせて頂きましたが、皆口をそろえて言われるのが『忘れてほしくない』という言葉でした。

わたし自身も、福島の出来事を風化させてはいけないと考えています。

#420.11.2013

Blue mountain

青い山

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

A hill at the back of Zyouenzi temple has become like a blue mountain. There are countless blue plastic barrels. There is contaminated soil inside which is highly-concentrated radiation from the explosion at the Fukushima nuclear plant. The soil was stripped off and collected from the ground from towns around there. This contaminated soil cannot be discarded, and so it has to be retained. This sort of blue mountain is not only in Zyouenzi temple, it is everywhere in Fukushima.

The chief opened the lid of the blue plastic barrels, and showed me the radiation dosage on his geiger counter. “40.67μSv!”. It was about 300 times more radiation than the normal condition. Beep! beep! beep! The sound of the radioscope resounded weirdly. Still now, I shiver when I see the blue mountain.

常円寺の裏山が青い山と化していました。それは無数に置かれた青いドラム缶。この中には原発から降り注いだ高濃度の放射線に汚染された土が入っています。近隣の町の地面を剥ぎとって集められたものでした。しかしこれら汚染された土は捨てられず、こうして保管するしかないのです。このような青い山は常円寺だけではなく福島のいたるところで見かけました。

ご住職が蓋を開け、ガイガーカウンターで中の数値を僕に見せてくれました。「40.67μSv」! なんと平常時の約300倍近い放射線量。 ビー!ビー!ビー!と放射線測定器の警告音が不気味に鳴り響きました。僕は今でも、青い山を見ると身震いします。

#320.11.2013

From Tohoku Sai Hakken

とうほく彩発見より

Riusuke Fukahori, Fukushima

Arata Owada / 大和田 新

The chief director (46 years old) of the nuclear section at Chubu Electric Power Co,. Inc, announced in a public consultation in July 2012 that, “The number of casualties from radiation caused by the accident in the Fukushima nuclear plant is zero; it won’t change in the next 5 years and also in the next 10 years. The government is overestimating the risk of radiation. Japan will deteriorate if you don’t resume the nuclear operation now.”

At the moment, there is an increased number of obesity, high blood pressure and diabetes in Fukushima, because people are living in stressful evacuation shelters. The effects of the nuclear plant accident is not only caused by radiation. It is because of the desperation that people have towards the future and the fact that they won’t be able to go home, it has caused some people to take their own life. Amongst the “three stricken areas” (Iwate, Miyagi and Fukushima), the number of earthquake disaster-related deaths is dramatically high.

In May 2011, I visited Mr. Takayuki Ueno in Minamisōma-city, an area which was particularly affected by the tsunami. Mr Ueno lost four family members in the disaster. Because this area was within 21 kilometres from the Fukushima nuclear plant, even after a month since the tsunami, the self-defence forces did not come for a body search. It was entrusted to ten firefighters instead, including Mr. Ueno.

“No-one could help us”. “We requested to borrow heavy-equipment. However, they said, ‘the vehicle might become contaminated”. I didn’t care about radiation at all. My sense of duty as a firefighter as well as my hope to find my family moved my exhausted body further. We found more than forty corps within a month and they were all acquaintances.

“If there wasn’t the Fukushima explosion, I might have saved some of them. At least we could have found their bodies and taken them to the families. Despite the fact that the accident was man-made, at the moment no-one is taking responsibility,” he says. (Reference from Mainichi Shinbun Northeast ‘Tohoku Sai Hakken’ by Mr. Owada)

2012年7月のある意見調査会で、中部電力原子力部の男性課長(46)が個人的意見として言った。「福島の原発事故の放射能で亡くなった人は1人もいない。5年、10年経っても変わらない。政府は原子力のリスクを過大評価している。このままでは(再稼働しなければ)日本は衰退していく」と。

福島では今、原発事故による無理な避難で、肥満、高血圧・糖尿病患者が増えている。故郷へ帰れない将来の不安から生きがいを失い、自ら命を絶つ人もいる。 被災3県の中で「震災関連死」は福島県が突出して多い。原発事故の罪の重さは、放射線だけではない。

昨年5月福島県内で最も津波の被害が大きかった南相馬市の上野敬幸(うえのたかゆき)さんを訪ねた。上野さんは津波で家族4人を亡くしている。この地域は、事故を起こした原発から21キロということもあり、震災から1ヶ月を過ぎても、自衛隊が捜索に入らなかった。

行方不明者の捜索は上野さんら地元消防団員10人に委ねられた。「誰も手伝ってくれない!」「重機を借りに行くと『放射能が移るから』と断られた」。放射線は全く気にならなかった。消防団としての使命感と、「家族を見つけたい」との思いが、疲れきった体を突き動かした。1ヶ月で40人以上のご遺体を発見した。皆、顔見知りだった。

彼は言う「原発事故が無かったら、救えた命があったかもしれない。もっと早く家族に会えた人もいた。原発事故は人災なのに、誰も責任をとろうとしない」。 (毎日新聞東北版「とうほく彩発見」の大和田氏の記事より要約)

#219.11.2013

The chief monk Koyu Abe, Zyouenzi temple

福島市常円寺 阿部光裕ご住職

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

Mr. Abe is the one who gave me the opportunity to go to Fukushima, otherwise I wouldn't have much of a connection. He is the chief monk of the temple in Fukushima which has 400 years of history. He is very active and he even is a local radio DJ.

He offered me a private exhibition in the temple. I remember I felt really scared to visit Fukushima at the very beginning. The chief and its local people explained to me about radiation and I started to understand. I was relieved to see the radiation doses on the radiation measuring device. The chief established an organisation called "Hana ni negaiwo" (Wishing to Flower), and he has been working on the decontamination of the radioactivity for more than two years since the incident happened.

Despite his hard work, in reality, there are still a lot of contaminated areas untouched in Fukushima.

福島に縁のなかった僕が福島に行くきっかけを作ってくださったご住職。 400年の歴史を持つ由緒あるお寺の住職です。とても活動的な方で、地元ラジオのパーソナリティーも務めているほど。

そんなお寺で震災後、個展をさせていただく機会をいただきました。最初は、正直福島に行くことが怖かったのを覚えています。しかし、ご住職ほか現地の人たちの放射能の説明を聞き、だんだん放射能について理解ができるようになりました。放射線測定器によって放射線量が目に見える形になったこともよかったです。ご住職たちは「花に願いを」という団体を作り、震災から2年以上経った今でも除染活動をしています。 今なお手つかずの汚染地域がたくさん残っているのも福島の事実です。

#123.10.2013

Is our life safe as it is?

今の生活ってこのままで大丈夫

Riusuke Fukahori, Fukushima

Riusuke Fukahori / 深堀隆介

It might be true that nuclear energy made our life more comfortable. Having said that, do you know there is a high-risk behind it? I’m not an expert but I at least understand the risk of radiation. How many people in the world realised that this modern lifestyle inevitably goes hand in hand with the danger of radiation? Japanese people, especially the people in Fukushima, feel strongly about it.

When the Fukushima incident happened, all Japanese people felt that was the end of world.

It was like all the culture and history which your ancestors built for decades, everything disappeared in an instant. Everybody felt that when we saw the smoke rise into the air from the Fukushima plant.

I never want to feel that way again. In the world, however, many nuclear plants are being built. A long time ago, it is said that an unusual meteorite destroyed the dinosaurs era. I am praying that nuclear energy won’t be the meteorite.

At least, none of the Fukushima people say, “Nuclear is safe”.

原子力は生活を便利にしました。でもその裏にある高いリスクを知っていますか?

僕は学者ではないので知識はありませんが、放射能が危険なことくらいはわかります。あまりにも大きなリスクの上に今の豊かな生活があることを世界の人達は気が付いているのでしょうか?日本人は、特に福島の人達は、それを痛いほど知っています。

原発事故の時、日本人は皆「この国の終わり」を想像しました。

一つの国が育んできた文化や歴史、全てが一瞬で無くなる感覚。原発から立ち上る煙をみれば、誰もが簡単に想像することができました。

あんな思いはもう二度としたくありません。ですが、世界では今もたくさんの原発が作られています。太古の昔、大繁栄した恐竜を絶滅させたのは、宇宙から飛んできた1つの隕石でした。その隕石にならない事を祈るばかりです。

少なくとも福島に「原発は安全だ」という人は、もう誰もいません。

EN